人々が支え合う街を創る

テクノロジーを駆使した次世代の
街づくりカンパニー

世界で進む都市化、それにともなう暮らしの孤立
街という単位で人を繋ぐソーシャルプラットフォームで解決する

日本を含め、世界では都市化が進んでいる。

特に人口が流入し密集化する都市部においては、今まであったようなご近所付き合いが衰退し、暮らしの孤立が社会問題として顕在化している。

育児や介護
転居による新生活の始まり
防犯・防災など有事の備え…

人は一人では生きられない。

ご近所づきあい=街という単位のローカルコミュニティは、誰にとっても必要不可欠なつながりだ。

我々は、ローカルコミュニティを再興するために、デジタルとリアルを融合し、心地よい距離感で人がつながり、街ごとにコミュニティが醸成するO2Oプラットフォームを提供している。

目指すのは、人々が支え合える街の創造。

事業内容

デジタルとリアルの融合
テクノロジーを駆使した、次世代の街づくりカンパニー

Title digital realTitle digital
  • デジタルコミュニティ事業
    街ごとのコミュニティアプリ「PIAZZA」の開発・運営
    「PIAZZA」は地域密着型プラットフォーム。現在は、再開発により高層マンションが林立し、人口流入の著しいエリアで展開中。アプリ内では、おさがりのリユースや引っ越し間もない人が病院情報を質問する、またローカルなイベント情報のクチコミが届くなど、シェアリングエコノミーで活発なコミュニティを醸成している。
    PIAZZA
  • Title real
  • リアルコミュニティ事業
    東京都中央区勝どきにある子育て支援施設「グロースリンクかちどき」を認定NPO法人フローレンスと協働運営
    子育てファミリー2万人以上が登録するグロースリンクかちどきは、「孤育て解消」を目的とした子育て支援施設として湾岸エリアの子育てコミュニティを支えている。デジタルコミュニティ「PIAZZA」と連動し、O2Oで地域を繋ぐ取り組みも活発に行なっている。
    グロースリンクかちどき

ニュース・メディア掲載

展開エリア

目指すのは、街ごとのコミュニティが自走すること。だからこそ一つずつ着実に。

現在は、人口流入が激しい再開発都市(コンパクトシティ)を中心に展開している。
世界で最も人口が密集している大都市「TOKYO」でこの事業を始めた理由は、今後の世界展開に向けて。近い将来、都市化が進む世界各地域での展開も視野に入れている。
ただし、どんなにエリアが広がろうとも、その街のステークホルダーの声を大切に、サービス改善に真摯に取り組む姿勢はこれからも変わらない。

  • Img area 01

    勝どき・月島・築地・晴海

    NPO法人フローレンス公認

  • Img area 02

    豊洲・東雲・有明

    NPO法人フローレンス公認

  • Img area 03

    武蔵小杉・新丸子・元住吉

    中原区公認

  • Img area 04

    南流山・おおたかの森・柏の葉

    流山市公認

  • Img area 05

    八千代

    UR都市機構公認

メンバー

PIAZZAは、テクノロジーとコミュニティ創出のスペシャリストが同じ志のもと集まり構成されています。

Img member 001

代表取締役 CEO

矢野 晃平

千葉県生まれ。幼少期をオランダで過ごし、中学生で渡米。その頃に「街並みの美学」という本に出会い、はじめて「PIAZZA」=イタリアの広場という空間概念に出会う。これを機に都市設計の道を志す。カナダMcGill大学土木工学部設計科を卒業。専門は構造力学並びに都市設計。

帰国後、日興シティグループ証券(現:SMBC日興証券)投資銀行本部に入社。その後、株式会社ネクソンの経営企画部へ。オンライン・コミュニティを軸としたゲーム事業に携わり、2015年5月PIAZZA株式会社を設立。

土木工学・都市設計、金融、オンラインコミュニティ、そしてPIAZZAへ。生涯を通じて一貫した想いを抱き続けている。

<創業エピソード|ご挨拶>
私には二人子供がいて、 下の子供は産まれてすぐに事故に遭いました。 今はすっかり元気に駆け回っていますが、当時は「普通に歩けないかも」と言われ、看病に上の子の育児、そして仕事… と精神的にも肉体的にもつらい毎日。
そんな時、同じマンションの方が、「最近元気ない?大丈夫?」 と声を掛けてくれました。
挨拶するぐらいしか知らなかった方のその一声がずっしりと僕の心に響きました。

「ネットでは世界と繋がれるのに、 なぜ近くの人と声を掛け合えないのだろう。 何かあった時に支え合えるのは近所の人なのに」

この経験から、街の人と人が出会い、 心地よいつながりを育めるプラットフォームの必要性を再確認し、PIAZZAを立ち上げました。

PIAZZAはイタリア語で「広場」という意味。 街の人がこの仮想広場に集まり、暮らしに関する情報をやり取りしたり、ちょっと困った時に相談しあったり、 使わなくなったモノを必要としている人に譲ったり…気づけば人と人が支え合えている!そんな空間を目指しています。

毎日を安心して過ごせるように。暮らしがより良くなるように。街でのつながりを育める仕組みを提供します。
PIAZZA代表 矢野晃平ブログ「街に広場が必要なんだ!」

支援者

  • Img supporter 001

    ネイロ株式会社 代表取締役

    平井 武史

    今回PIAZZA株式会社に出資させて頂いたことを誠に光栄に思います。情報化社会であるからこそ、リアルで繋がるべき“ご近所コミュニティ”をデザインし、実施されていることは、社会的に大変意味があり、そのお手伝いを共にできればと考えております。ネイロが培ってきたインタラクティブビジネスのノウハウやテクノロジーが、このサービスをさらに発展させられるよう、尽力してまいりたいと考えております。
  • Img supporter 002

    KLab Venture Partners株式会社

    御林 洋志

    PIAZZAは、都市化が進み、地域の在住・在勤者や商店、行政との関係が希薄になっている現代に求められているサービスです。既にサービス内では、行政による防犯・防災情報の投稿や育児に関する相談・回答の投稿など、地域を限定しているからこそ生まれる良質なコミュニケーションが日々行われており、都市におけるコミュニティデザインの新たな可能性を感じております。KLab Venture Partnersが持つリソースを活用し、経営戦略の支援や技術支援、事業会社との提携支援等を通じて、サービス価値のさらなる向上に努めてまいります。

企業・行政との連携実績

  • Img result 01
  • Img result 02
  • Img result 03
  • Img result 04

採用情報

これからの成長を共に実現する仲間を募集しています。以下の募集職種・要項をご覧のうえ、希望される職種にご応募ください。

創業メンバーとして、意欲ある方のご応募をお待ちしております。

PIAZZA(ピアッツァ)はイタリア語で広場という意味。街の中に、人々の心の中心地となるような、想いやりあふれる都市空間を目指して

“イタリア人にとって広場は、生活の一部としてなくてはならないものであり、非常に共存意識が強く、市民生活に欠かせないコミュニケーションの空間である。言い換えれば,イタリアにおける都市広場は、まさに彼等の生活における最大の中心地である。また、象徴としての広場としてではなく、歴史の変化に応じて人々と共に成長し、市民生活と一緒に広場は現在も生きているのである。”
ー土木学会より(人が中心となる広場のデザイン手法の研究 2005年5月)

会社概要

会社名 :PIAZZA株式会社
設立年月:2015年5月
所在地:東京都中央区勝どき3-6-7 602
事業内容:Webサービスの開発・運営、商店街の販促・PR支援
代表取締役:矢野 晃平